macOS CatalinaのPythonのデフォルトを3.x.xにする

macOS Catalinaに搭載されているPythonの実行環境を3.x.xへ変更する方法です。ただ、pythonコマンドで、3.x.xを実行したいだけの記事です。Pythonの開発環境についてどうこう議論する場でないことは最初に申し上げておきます。次期のmacOSでは、Python 2.x.x系は駆逐されているでしょう。以下の環境で確認しています。

ProductName:	Mac OS X
ProductVersion:	10.15.4
BuildVersion:	19E266

まず、搭載されているバージョンを調べてみます。

$ python -V
Python 2.7.16

/usr/bin配下にpython3コマンドがあります。

$ /usr/bin/python3 -V
Python 3.7.3

エイリアス

pythonコマンドのデフォルトを3.x.xへ変更します。いくつかの方法が考えられます。例えば、以下のようにエイリアスを変更することで、そのシェルではpython/usr/bin/python3を参照するようになります。最も手軽に変更できる方法です。

alias python=/usr/bin/python3

pipも忘れないように変更しておきましょう。

alias pip=/usr/bin/pip3

別にエイリアスでも構わないのですが、Catalina標準で搭載されているPythonのバージョンが少々古いので変更したいと思います。

Homebrew

HomebrewでPython 3.x.xをインストールできます。Homebrewのリポジトリの状況にもよりますが、常に最新を追いかけていくことができます。

brew install python

以下のコマンドで表示されるパスをエイリアスへ登録するだけでOKです。これで、pythonコマンドがいつでも最新バージョンになります。

$ brew info python
...
Python has been installed as
  /usr/local/bin/python3
...

pyenv

どうせなら、様々なPythonの処理系を共存させてみます。

公式のインストーラでも良いのですが、バージョンマネージャとしてはPyenvがやはり便利です。必要かどうかは人それぞれです。pyenvが必要かどうかフローチャート - Qiitaあたりが参考になりそうです。確かに、必須かどうかと言われると微妙な立ち位置ですが、記事の通り便利ですよ。

Homebrewでのインストールが簡単です。

brew install pyenv

続いて、~/.zshrcに以下を追記します。Bashをお使いの場合は、~/.bash_profileに読み替えてください。

echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n  eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.zshrc

シェルを再起動します。$0は現在のシェルを指します。

exec $0
# もしくは
source ~/.zshrc

以下のコマンドで、インストール可能なバージョンの確認ができます。

pyenv install -l

例えば、最新の3.8.2をインストールします。

pyenv install 3.8.2

デフォルトのバージョンを変更します。

pyenv global 3.8.2
exec $0 # シェルの再起動

もう一度、pythonコマンドを実行してみます。

$ python -V
Python 3.8.2

無事変更されました!pipは、と言うと。

$ pip -V
pip 19.2.3 from /Users/xxx/.pyenv/versions/3.8.2/lib/python3.8/site-packages/pip (python 3.8)

バッチリです!Node.jsやRubyのように、マイナーバージョンを強く意識することはあまりないPythonなので、確かにここまで意識する必要はないのかもしれません。

なお、Pyenvでは、AnacondaやMinicondaのバージョン共存もできるなど、なかなかに混沌としかねない状況ですので、取り扱いにはご注意ください。

comments powered by Disqus