zplugとpreztoでzshをいい感じにする

zplugは、zshのプラグインマネージャ、preztoは軽量なフレームワークです。zplug以外に、zinitなどがありますが、乗り換えるのが面倒であるため、現在はzplugで落ち着いています。また、下記の使い方であれば、preztoを入れる必要性をそこまで感じませんが、preztoに同梱されているモジュールが便利なのでそのまま使用しています。

zsh、zplugのインストール

# zsh、zplugのインストール
brew install zsh zplug
# enhancdプラグインを使用する場合
brew install fzf

ログインシェルを変更するために、/etc/shellsの末尾に、Homebrewでインストールしたzshである/usr/local/bin/zshを追記します。

sudo vim /etc/shells

ログインシェルを、Homebrewでインストールした最新のzshへ変更します。

# ログインシェルの変更
chsh -s /usr/local/bin/zsh

~/.zshrcを以下のように編集します。一部、oh-my-zshのgitプラグインなども導入してます。

最後に、編集した~/.zshrcを読み込みます。

source ~/.zshrc

未インストールのプラグインの導入を促されるため、インストールします。

preztoの設定

続いて、zshのフレームワークであるpreztoを設定します。まず、zplugによりインストールされたpreztoの設定ファイルに対してシンボリックリンクを作成します。

ln -s $ZPLUG_HOME/repos/sorin-ionescu/prezto $HOME/.zprezto

preztoの設定を始めると、~/.zshrcが上書きされてしまうため、事前に退避しておきます。

mv ~/.zshrc /tmp/.zshrc

公式のインストール方法に従い、preztoの設定を行います。

setopt EXTENDED_GLOB
for rcfile in "${ZDOTDIR:-$HOME}"/.zprezto/runcoms/^README.md(.N); do
   ln -s "$rcfile" "${ZDOTDIR:-$HOME}/.${rcfile:t}"
done

退避した~/.zshrcを元に戻します。

mv /tmp/.zshrc ~/.zshrc

テーマの変更

preztoのテーマを好きなものに変更します。powerlevel10kが最近のお気に入りです。~/.zpreztorcを編集します。themeで検索すると良いでしょう。

...
zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'powerlevel10k'
...

最後にシェルをリロードします。

source ~/.zshrc

結論

~/.zshrcは以下のようになりました。

環境をリセットする

上記の方法で、途中から訳が分からなくなってしまった場合は、以下の手順を実行して環境を初期化すると良いです。必要に応じて、バックアップを取得しておきましょう。

# .zshrc、.zshenv、.zsh_history、.zprezto、.zpreztorcなどの削除
rm -fr ~/.z*
# zplugの削除
brew uninstall zplug --force
# zshの削除
brew uninstall zplug --force
chsh -s /bin/zsh

参考リンク


comments powered by Disqus