Safariで閲覧しているページをGoogle Chromeで開く「Switch」

Safariで閲覧していたページをGoogle Chromeで開くことができる、またGoogle Chromeで閲覧していたページをSafariで開くことができる「Switch」をご紹介します。

Safariは、Google Chromeと比較して動作が軽快である反面、拡張機能という面ではGoogle Chromeのアプリストアには及びません。そのため、普段はSafariを使用していても、拡張機能を使用したいのでGoogle Chromeで開き直すというようなシチュエーションが考えられます。

そのような場合に便利なのが「Switch」。Safariで閲覧しているページを、メニューバーからワンクリックでGoogle Chromeで開き直すことができるという、かゆいところに手が届くアプリケーションです。

ダウンロード

ダウンロードは以下のリンクから行います。

Switch

No Description

使い方

使い方はいたってシンプルです。Safariで閲覧していたページをGoogle Chromeで開きたい場合は、メニューバーの「Switch」をクリックします。「Transfer to Google Chrome」をクリックすると、現在Safariで閲覧しているWebページをGoogle Chromeで開くことができます。

Google ChromeからSafariも同様です。メニューバーの「Switch」をクリックします。「Transfer to Safari」をクリックすると、現在Google Chromeで閲覧しているWebページをSafariで開くことができます。

環境設定の「By default, transfer to:」にデフォルトのブラウザを指定しておけば、メニューバーのアイコンをクリックするだけで、指定したブラウザで開くことができるようになります。

また、「Only show when in Safari and Google Chrome」をチェックしておくと、メニューバーのアイコンが、Safari、またはGoogle Chromeが起動している状態でないと現れないのでメニューバーの邪魔にもなりません。

「Close window after transfer」をチェックしておくと、例えば、SafariからGoogle Chromeに遷移した場合に、Safariのウインドウを閉じることができます。

まとめ

Safari、Google Chromeの両刀使いの方には非常に便利なアプリなので使用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で