MacとiPhoneでクリップボードを共有する「ユニバーサルクリップボード」が使用できない場合の対処法

  1. 公開日:2016/09/21
  2. 更新日:
  3. iPhone,Mac
  4. 0
22
SHARES
B!

ついに、名称を「OS X」から「macOS」に改名した、「macOS Sierra」がリリースされましたね!「OS X El Capitan」や「OS X Yosemite」を使用されている皆様は、Mac App Storeから無償アップデートできます。ただし、使用しているソフトウェアによっては、macOS Sierraで正常に動作しないものもありますので注意が必要です(特に、Adobe系)。必須のソフトウェアの互換性は必ず確認してからアップデートしましょう。iOSと異なり、macOSで動作するソフトウェアは環境にかなり依存します。

macOS Sierra
macOS Sierra
Developer: デベロッパ:Apple
Price: Free

さて、macOS Sierraの中でも、個人的に目玉機能と思っているのが「ユニバーサルクリップボード」です。非常に便利な機能なのですが、この機能のおかげでFinderでレインボーカーソルがぐるぐる回るわ、Finderのコピー、ペーストが遅くなるわ、iPhoneでコピー、ペーストが遅くなるわで、散々振り回されました。

というわけで、今回は機能の簡単なご紹介(と言っても、本当に単純な機能です)と、私のような目に合わないためのトラブルシューティングをご紹介します。

ユニバーサルクリップボード

「ユニバーサルクリップボード」とは、macOS Sierra、およびiOS 10が動作するiOSデバイス間で、「共有できるクリップボード」です。macOS SierraでコピーしたテキストをiOSデバイスに、iOSデバイスでコピーしたテキストや写真をmacOS Sierraに、クリップボードを共有することで、何も意識することなく利用することができます。共有クリップボードの有効時間は2分間のみであり、有効時間を超過した場合には、ローカルのクリップボードの最新の履歴に置き換えられます。

ユニバーサルクリップボードを使用してみよう

では、実際に使ってみましょう。今回の場合は、iPhone 6 (iOS 10.0.1) から macOS Sierra に写真をコピーしてみます。

まず、手元のiPhone 6(iOS 10.0.1)で、共有したい写真を選択して、左下の共有アイコンをタップします。

「コピー」をタップします。

続いて、macOS Sierra側で、「プレビュー.app」を開きます。+Nを押すか、メニューから「ファイル」→「クリップボードから新規作成」をクリックします。

「プレビュー.app」で、iPhone 6でコピーした写真をそのまま貼り付けることができました。

また、「Finder」からも確認できます。メニューの「編集」→「クリップボードを表示」をクリックします。

クリップボードに、iPhone 6でコピーした写真が貼り付けられていることがわかります。

ユニバーサルクリップボードが使用できない場合の対処法

このように、ユニバーサルクリップボードは非常に有用な機能です。共有クリップボードを提供するサードパーティ製のアプリケーション泣かせの機能ではありますが、OSのネイティブでサポートされるため使い勝手は良いです。

が、このユニバーサルクリップボードが有効に動作しない場合、macOS Sierra、iOSの動作に支障をきたす可能性があります。MacBook Pro (15-inch, Late 2013)、macOS Sierraの環境下では、ユニバーサルクリップボードが機能しない場合に、Finderでカーソルのレインボー状態がずっと続く事態に遭遇し、Finderの再起動をせざるを得ない状況でした(ちなみに、強制再起動は、++(escape)で行います)。では、対処法を見ていきましょう。

Macが対応機種に含まれるか確認する

macOS Sierraに対応している≒ユニバーサルクリップボードが使用できる、というわけではないため注意が必要です。ユニバーサルクリップボードが使用できるMacの機種は以下に限定されます(Bluetoothが関係しているのかもしれませんね)。

  • Mac Pro (Late 2013) 以降
  • Mac mini (Late 2012) 以降
  • iMac (27-inch, Late 2012) 以降
  • iMac (21.5-inch, Late 2012) 以降
  • MacBook Pro (15-inch, Mid 2012) 以降
  • MacBook Pro (13-inch, Mid 2012) 以降
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2012) 以降
  • MacBook Air (11-inch, Mid 2012) 以降
  • MacBook (12-inch, Early 2015) 以降

iOS 10以降であることを確認する

iPhoneで、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」を開き、「iOS 10.0.1」(記事執筆時点)であることを確認しましょう。ユニバーサルクリップボードは、iOS 10以降で有効です。iPhone側に制限はありません。iOS 10が動作するiOSデバイスであれば、iPad、iPod touchでも有効です。

iCloudに同一のApple IDでサインインしていることを確認する

ユニバーサルクリップボードを使用する場合、macOS SierraとiOS 10で同一のApple IDを使用してサインインしている必要があります。

macOS Sierraの場合、「システム環境設定」→「iCloud」からApple IDを確認できます。iOS 10の場合、「設定」→「iCloud」からApple IDを確認できます。

iCloudのサインアウト/サインインを試す

同一のApple IDでiCloudにサインインしている場合でも機能しない場合は、iCloudのサインアウト、サインインを行います。

macOS Sierraの場合、「システム環境設定」→「iCloud」から、いったん「サインアウト」します。サインアウトする際に、Macに情報を残す、残さないを問われますが、どちらでも構いません。iCloud上から削除しない限り、サインイン後に復活します。「サインアウト」が完了したら、再び「サインイン」してください。「サインイン」には、「Apple ID」と「パスワード」が必要です。

iOS 10の場合、「設定」→「iCloud」から「サインアウト」をタップします。一時的に「iPhoneを探す」をオフにする必要があるため、サインアウト時にApple IDのパスワードを問われますので注意してください。Mac同様に、情報を残す、残さないはどちらでも構いません。「サインアウト」が完了したら、再び「サインイン」してください。

macOS Sierra、iOSを再起動する

上記でも解決しない場合は、macOS Sierra、iOSをそれぞれ再起動してみてください。事象が改善される場合があります。

Wi-Fiを切/入にする

macOS Sierraの場合、メニューバーのWi-Fiから「Wi-Fiを切にする」を選択したあと、再び「Wi-Fiを入にする」を選択します。メニューに表示されない場合は、「システム環境設定」→「ネットワーク」から、同一の操作を行ってください。

iOS 10の場合、コントロールセンターが便利です。一度、「機内モード」に設定後、「機内モード」を解除してください。コントロールセンターが使用できない場合は、「設定」→「機内モード」からオン、オフを繰り返してください。

Bluetoothを切/入にする

macOS Sierraの場合、メニューバーのBluetoothから「Bluetoothを切にする」を選択したあと、再び「Bluetoothを入にする」を選択します。メニューに表示されない場合は、「システム環境設定」→「Bluetooth」から同一の操作を行ってください。

iOS 10の場合、Wi-Fiと同様です。「機内モード」のオン、オフを繰り返してください。

トラブルシューティングまとめ

以上の点を、簡潔にまとめておきましょう。下記の手順は順番通りに行う必要はありません。順不同で繰り返し実施してみてください。私の場合、効果的だったのは意外にもWi-Fiのオフ、オン、Bluetoothのオフ、オンでした。しかし、すべての手順を検証しているので、この手順だけで実施できるようになったかどうかは不明です。

  • Macがユニバーサルクリップボードに対応している機種か確認する
  • iOSが最新のOSであることを確認する
  • macOS SierraとiOS 10で同一のApple IDを使用してiCloudにサインインしていることを確認する
  • macOS SierraとiOS 10でiCloudの再サインインをしてみる
  • macOS SierraとiOS 10でWi-Fi、Bluetoothのオフ、オンをしてみる

ユニバーサルクリップボードが使用できない状況は、Handoffが使用できない状況、AirDropが使用できない状況に似ています。過去の記事もご参照ください。おそらく、Handoffが使用できない状況では、ユニバーサルクリップボードも正常に機能しません。

https://ottan.xyz/instant-hotspot-handoff-disable-1397/

まとめ

私の場合、macOS Sierraにアップデート後に、Handoffは使用できるが、ユニバーサルクリップボードが正常に動作せず、Finderでレインボーカーソルがぐるぐる回り続けている状況で途方に暮れていましたが、上記の手順を順不同で繰り返し実施することで、解決することができました。ぜひお試しあれ。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top