システム環境設定をターミナル(defaultsコマンド)から設定する方法(Mission Control)

システム環境設定をターミナル(defaultsコマンド)から設定する方法(一般) – OTTAN.XYZに引き続き、defaultsコマンドシリーズです。今回は、「Mission Control」編です。ニッチな機能、追求するのが無駄なきがする機能は割愛しています。

システム環境設定をターミナルから設定する(Mission Control編)

「システム環境設定」→「Mission Control」から設定できる項目です。「キーボードとマウスのショートカット」の項目については、「システム環境設定」→「キーボード」→「ショートカット」とも密接に関わっています。今回は、一部機能の設定方法のみご紹介します。

最新の使用状況に基づいて操作スペースを自動的に並べ替える

チェックボックスをオフにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock mru-spaces -bool false

デフォルト(オン)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock mru-spaces

アプリケーションの切り替えで、アプリケーションのウインドウが開いている操作スペースに移動

チェックボックスをオフにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write -g AppleSpacesSwitchOnActivate -bool false

デフォルト(オン)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete -g AppleSpacesSwitchOnActivate

ウインドウをアプリケーションごとにグループ化

チェックボックスをオンにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock expose-group-apps -bool true

デフォルト(オフ)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock expose-group-apps

ディスプレイごとに個別の操作スペース

チェックボックスをオフにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.spaces spans-displays -bool true

デフォルト(オン)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.spaces spans-displays

Dashboard

「操作スペースとして表示」にするには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dashboard dashboard-enabled-state -int 2

「オーバレイ表示」にするには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dashboard dashboard-enabled-state -int 3

デフォルト(切)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dashboard dashboard-enabled-state

キーボードとマウスのショートカット

ここでは、各機能をファンクションキーに割り当てる方法をご紹介します。各機能では、ファンクションキーのみならず、修飾キー((command)や(shift)のこと)を設定する事も可能ですが、設定方法が煩雑、かつ需要も無さそうなので割愛します。

Mission Control

「Mission Control」のキーボードショートカットに「F1」を割り当てるには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 32 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>0</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"
$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 34 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>131072</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"

少し解説します。まず、「32」「34」が「Mission Control」を意味します。この機能に対して割り当てるキーを設定します。割り当てるキーには、3つのパラメータを設定します。まず、「65535」はASCIIコード以外の文字列(今回の場合は、ファンクションキー)を意味します。逆に言うと、ASCIIコードに対応した文字列を指定することができるのでしょうが、今回は検証していません。次に、「122」は「F1」キーを指します。最後の「0」は修飾キーなしという意味です。ファンクションキーに割り当てられた値は以下の通りです。

文字
122 F1
120 F2
99 F3
118 F4
96 F5
97 F6
98 F7
100 F8
101 F9
109 F10
103 F11
111 F12
105 F13
107 F14
113 F15

また、修飾キーに割り当てられた値は以下の通りです。

文字
0 修飾キーなし
131072 (shift)
262144 (control)
524288 (option)
1048576 (command)

さて、defaultsコマンドに、やや煩雑なXML形式の値を指定しました。ただ、値を指定するだけなら、以下の指定方法でも問題なさそうです。

$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 32 "{enabled = 1 ; value = { parameters = (65535, 122, 0); type = standard; }; }"

一見すると、これでも問題がないように見えます。実際に、defaultsコマンドで値を読み取ると、正常に値が設定されているように見えます。しかし、本来、65535などの数値は、「Integer」型として登録する必要があるのですが、上記の指定方法の場合、

Xcodeでプロパティリストを開いてみると、上記のように「文字列型」(String)として設定されてしまい、設定が反映されません。そのため、-dict-addで値を指定する場合で、かつ明示的に型を指定する必要がある場合は、上記のようにXML形式で指定します(ハマリどころです…)

アプリケーションウインドウ

「アプリケーションウインドウ」のキーボードショートカットに「F1」を割り当てるには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 33 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>0</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"
$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 35 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>131072</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"

デスクトップを表示

「デスクトップを表示」のキーボードショートカットに「F1」を割り当てるには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 36 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>0</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"
$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 37 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>131072</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"

Dashboardを表示

「Dashboardを表示」のキーボードショートカットに「F1」を割り当てるには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 62 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>0</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"
$ defaults write com.apple.symbolichotkeys AppleSymbolicHotKeys -dict-add 63 "<dict><key>enabled</key><true/><key>value</key><dict><key>parameters</key><array><integer>65535</integer><integer>122</integer><integer>131072</integer></array><key>type</key><string>standard</string></dict></dict>"

ホットコーナー

マウスカーソルを画面のコーナーに移動させた時に起動させる機能を設定できます。コーナーから機能を起動させるショートカットを、ホットコーナーと呼びます。

左上

左上に、「Misson Control」を割り当てるためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock wvous-tl-corner -int 2
$ defaults write com.apple.dock wvous-tl-modifier -int 0

デフォルト(無効)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock wvous-tl-corner
$ defaults delete com.apple.dock wvous-tl-modifier

「tl」は「top left」(左上)の略称ですね。また、指定できる値は以下の通りです。

機能
Mission Control 2
アプリケーションウインドウ 34
デスクトップ 4
Dashboard 7
通知センター 11
Launchpad 9
スクリーンセーバを開始する 5
スクリーンセーバを無効にする 6
ディスプレイをスリープさせる 8

左下に、「Misson Control」を割り当てるためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock wvous-bl-corner -int 2
$ defaults write com.apple.dock wvous-bl-modifier -int 0

デフォルト(無効)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock wvous-bl-corner
$ defaults delete com.apple.dock wvous-bl-modifier

右上に、「Misson Control」を割り当てるためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock wvous-tr-corner -int 2
$ defaults write com.apple.dock wvous-tr-modifier -int 0

デフォルト(無効)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock wvous-tr-corner
$ defaults delete com.apple.dock wvous-tr-modifier

右下に、「Misson Control」を割り当てるためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock wvous-br-corner -int 2
$ defaults write com.apple.dock wvous-br-modifier -int 0

デフォルト(無効)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock wvous-br-corner
$ defaults delete com.apple.dock wvous-br-modifier

まとめ

com.apple.dockを変更した場合は、設定を反映させるために、ターミナルから以下のコマンドを実行してください。

$ killall Dock

また、上記以外の設定を反映させるためには、ログアウト/ログイン、もしくは再起動を行う必要があります。

参考リンク

Defaults & symbolichotkeys in Mac OS X – krypted.com

Front Row is awesome. Hot keys are awesome. Typos are not. While zipping along, typing my fool heart out, I tend to fat finger about enough to drop my words per minute in half at times. Occasionally, my typos will land me in an annoying spot, with some application opening: often that application is Front …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で