Hugoは静的サイトジェネレーターですが、テンプレート(Go Template)を使用することで、比較的自由にカスタマイズ可能です。このブログも以前はWordPressを使用していましたが、現在はHugoを使用しています。 WordPressからHugoへ移行する場合、色々考慮点はあると思いますが、頭を...
Blog Hugo
静的サイトにおけるサイト内全文検索の実装例をご紹介します。個人ブログにおける趣味の範囲内です。また、個人ブログのため、料金を抑える方針で検討します。 WordPressなどのCMSは標準で検索機能を有しています。しかし、静的サイトではビルド時にすべてのページが生成されます。そのため、WordPress...
Blog Netlify Hugo Elasticsearch
Go 言語製の静的サイトジェネレータ Hugo で Netlify に構築したホストで、独自ドメインメールによる安価な送受信環境を整備する方法をご紹介します。 ドメインは「お名前.com」等のレジストラで既に取得済み、DNS サービスは「Netlify DNS」を使用することを前提とします。ただし、「Netlify DNS」は記事執筆時...
Blog Netlify Hugo AWS SES
Hugo のオリジナルテーマ作成を勝手に応援する企画、記念すべき第 1 弾はテンプレート構文の基本となる「template」「partial」「block」「define」の違いについてです。以下のバージョンで確認しています。 Hugo Static Site Generator v0.53/extended darwin/amd64 BuildDate: unknown Hugo のテンプレート構文 Hugo には様々なテンプレート構文が用意されています。今...
Blog Hugo
Hugo には、記事執筆時点において、WordPress のような便利なプラグインはありません。しかし、Shortcode やテンプレートの構文を工夫することで、WordPress と同等のプラグイン機能を実現できます。 Hugo Static Site Generator v0.52/extended darwin/amd64 BuildDate: unknown たとえば、WordPress にはアイキャッチ画像という概念があります。Hugo...
Blog Hugo Netlify
Netlify CMS(Hugo)で Markdown で記述可能な無料ブログを構築する(構築編)で、Netlify 上に静的サイトを構築する方法をご紹介しました。今回は、Hugo(Go 言語の静的サイトジェネレーター)のスターターキットで構築したテーマをカスタマイズして、GitHub 上のソースコードの修正、Netlify による自動デ...
Blog CMS GItHub Hugo Netlify Slack