VirtualBoxにUbuntu 14.04.2 LTSをインストールする方法

Ubuntuのインストールについては、OS X YosemiteとUbuntu 14.04.2 LTSのデュアルブート環境を構築するで1回ご紹介していますが、デュアルブート環境を構築するのはやや敷居が高いため、より手軽な手段が欲しいという場合には、OracleのVirtualBoxを使用する方法があります。今回は、VirtualBoxにUbuntuをインストールするまでの流れをご紹介したいと思います。

VirtualBoxにUbuntuをインストールする

以下の手順でUbuntuをVirtualBoxにインストールします。

  1. Ubuntuのダウンロード
  2. 仮想マシンの作成
  3. Ubuntuのインストール

Ubuntuのダウンロード

Ubuntuのダウンロードは、以下のリンクから行います。

Ubuntu PC operating system | Ubuntu

Fast, secure and stylishly simple, the Ubuntu operating system is used by 50 million people worldwide every day.

「Download Ubuntu」をクリックします。

「Download」をクリックします。

画面最下部の「Not now, take me to the download」をクリックします。

仮想マシンの作成

VirtualBoxを起動したら、「新規」をクリックします。

「タイプ」は「Linux」、「バージョン」は「Ubuntu (64bit)」を選択します。名前は任意の名称で構いません。「続ける」をクリックします。

「メモリーサイズ」は、デフォルトの「512MB」では心許ないので、「1024MB」に変更します。「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

「作成」をクリックします。

仮想マシンの作成が完了したら、作成した仮想マシンを選択した状態で「起動」をクリックします。

Ubuntuのインストール

ダウンロードした「ubuntu-14.04.3-desktop-amd64.iso」を選択し、「Start」をクリックします。

言語は「日本語」を選択し、「Ubuntuをインストール」をクリックします。

「インストール中にアップデートをダウンロードする」、「サードパーティーのソフトウェアをインストールする」をチェックし、「続ける」をクリックします。

そのまま「インストール」をクリックします。

警告ダイアログが表示されますが、そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

項目を全て入力して「続ける」をクリックします。「あなたの名前」は、ログイン後に表示される名前です。「ユーザー名」とは異なりますので注意してください。

Ubuntuのインストールが始まります。しばらく時間がかかります。

「今すぐ再起動する」をクリックします。

デフォルトでは解像度が低すぎるので拡張パックをインストールします。Ubuntuを起動した状態で、メニューの「Devices」→「Insert Guest Additions CD Image」をクリックします。

「実行する」ボタンをクリックします。この状態では解像度が低く、「実行する」が隠れてしまっていることに気が付くと思います。

最後に作成したアカウントのパスワードを入力して、「認証する」をクリックします。

再起動してUbuntuのインストールは完了です。

まとめ

VirtualBoxを使用すれば簡単にUbuntuの環境を構築することができます。手軽なLinuxの検証環境が欲しい場合は、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で