VMware Fusion 8にRed Hat Enterprise Linux Server 7をインストールする

Red Hatは、現地時間3月31日に、商用環境向けLinuxである「Red Hat Enterprise Linux」に、開発者向けの無料サブスクリプションを提供すると発表しました。サブスクリプションとは、定期購読、加入契約の意味合いを持つ単語で、ソフトウェアを買い取るのではなく、利用期間に応じて利用料金を支払うライセンス形態の事です。従来は、有料サブスクリプションを契約するしか、アップデートや技術サポートを受けることが出来ませんでしたが、今回開発利用に限り、無料で提供すると発表がありました。

Red Hat Enterprise Linuxが開発者向けに無料サブスクリプションを用意

Red Hatは3月31日(現地時間)、商用Linux「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)に、開発者向けの無料サブスクリプションを追加した。

そこで、今回はOS X上で動作するVMware Fusion 8をモデルに、開発者向けの「Red Hat Enterprise Linux」をインストールする方法をご紹介します。

VMware Fusion 8にRed Hat Enterprise Linux 7をインストールする

Red Hat Enterprise Linux 7をインストールするためには、事前にRed Hatの開発者向けアカウント(Developers Account)の登録、ISOファイルのダウンロードが必要です。また、インストールの方法は、以下のリンク先にも詳細が記載されています。

Red Hat Customer Portal

Red Hat Enterprise Linux 7 概要 本ガイドでは、Red Hat Enterprise Linux 7 インストールプログラム ( Anaconda) の起動方法、および AMD64 および Intel 64 のシステム、64 ビットの IBM Power Systems サーバー、IBM System z などでの Red Hat Enterprise Linux 7 のインストール方法について解説しています。また、 キックスタート インストール、PXE インストール、VNC 経由のインストールなど高度なインストール方法についても触れています。後半では、インストール後に行う一般的な作業やインストール関連のトラブルシューティングについて説明しています。 また、Anaconda を使用して Red Hat Enterprise Linux Atomic Host を AMD64 および Intel 64 システムにインストールする方法と、このシステムでの高度インストール方法についての考慮点も説明されています。付録では、Red Hat Enterprise Linux Atomic Host を Red Hat Enterprise Virtualization、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform、Microsoft Hyper-V、VMware、Google Compute Engine (GCE) および Amazon Web Services (AWS) といった異なる環境にインストールする方法についても解説しています。

ISOファイルのダウンロード

以下のリンクにアクセスし、「GET STARTED」ボタンをクリックします。

Red Hat Enterprise Linux Download | Red Hat Developers

Download current or older versions of RHEL.

「Download Red Hat Enterprise Linux 7」と書かれたリンクをクリックします。

事前に登録したRed Hatアカウントでログインすると、ISOファイルのダウンロードが始まります。まだ、Red Hatアカウントを持っていない場合は、「Register」からRed Hatアカウントを登録しておきましょう。また、Red Hatアカウントは、Twitter、Facebook、GitHub等のアカウントでログインして作成することも可能です。

仮想マシンの作成

次に、VMware Fusion 8で仮想マシンの作成を行います。「インストール方法を選択」で、「カスタム仮想マシンを作成」を選択して、「続ける」ボタンをクリックします。

「オペレーティングシステムの選択」で、「Linux」の「Red Hat enterprise Linux 7(64ビット)」を選択し、「続ける」ボタンをクリックします。

デフォルトのまま、「続ける」ボタンをクリックします。

「終了」ボタンをクリックします。

「保存」ボタンをクリックします。

Red Hat Enterprise Linux 7のインストール

「保存」ボタンをクリックすると仮想マシンが起動しますが、いったんメニューの「仮想マシン」→「シャットダウン」をクリックし、仮想マシンを停止します。停止したら、作成した仮想マシンを選択して、「設定」ボタンをクリックします。

「CD/DVD(SATA)」をクリックします。

プルダウンから「ディスクまたはディスクイメージを選択…」をクリックします。

事前にダウンロードした、ISOファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

「CD/DVDドライブを接続」をチェックし、設定を閉じ、仮想マシンを起動します。

上下キーで「Install Red Hat Enterprise Linux 7.2」を選択し、キーを押下します。(選択した状態では、文字が白色になります)

キーを押下します。

「日本語」を選択し、「続行」ボタンをクリックします。

初期設定では、CUI環境のみインストールされる最小構成となっていますが、ここではデスクトップ環境をインストールします。「ソフトウェアの選択」をクリックします。

「サーバー(GUI使用)」をチェックし、「開発ツール」をチェックします。「完了」ボタンをクリックします。

続いて、「インストール先」をクリックします。

事前に作成した仮想ディスクを選択した状態で、「完了」ボタンをクリックします。

「インストールの開始」ボタンをクリックします。

特権ユーザー(root)、および一般ユーザーを作成します。「ROOTパスワード」をクリックします。

特権ユーザー(root)のパスワードを2回入力し、「完了」ボタンをクリックします。

同様に「ユーザーの作成」をクリックし、一般ユーザーを作成します。

インストールが完了したら、「再起動」ボタンをクリックします。

再起動が完了したら、初期セットアップ画面が表示されます。「LICENSE INFORMATION」をクリックします。

「ライセンス規約に同意します」をチェックし、「完了」ボタンをクリックします。

続いて、「ネットワークとホスト名」をクリックします。

「イーサネット」を選択し、スイッチをオンにします。これで、Red Hat Enterprise Linuxがインターネットに接続された状態になります。ここで、ホスト名を設定することができます。必要に応じてホスト名を変更しましょう。設定が完了したら、「完了」ボタンをクリックします。

続いて、「Subscription Manager」をクリックします。

「次へ」ボタンをクリックします。

事前に登録したRed Hatアカウントのメールアドレス、およびパスワードを入力し、「登録」ボタンをクリックします。

「割り当て」ボタンをクリックします。

以上で、開発者向けのサブスクリプションの登録が完了しました。「完了」ボタンをクリックします。

「設定の完了」ボタンをクリックします。自動的に再起動されます。

Red Hat Enterprise Linux 7へのログイン/初期設定

作成したユーザーを選択します。

パスワードを入力し、「サインイン」ボタンをクリックします。

自動的に初期設定画面が開きます。「日本語」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

デフォルトのまま、「次へ」ボタンをクリックします。

GoogleやMicrosoftアカウントと連携することで、メールやカレンダーを参照することもできますが、ここではインストールすることが目的のため、「スキップ」ボタンをクリックします。

「Red Hat Enterprise Linux Serverを使い始める」をクリックします。

ここからは好みの設定になります。デフォルトでは、セキュリティ強化、電力消費を節約するために、スクリーンのロック、およびバッテリーセーバー機能が有効になっています。RHEL – Get Startedによると、仮想マシン上ではこれらの機能を無効化することが推奨されているようです。メニューの「アプリケーション」→「システムツール」→「設定」をクリックします。

「プライバシー」をクリックします。

「画面ロック」をクリックします。

「自動画面ロック」をオフにします。

「電源」をクリックします。

「ブランクスクリーン」のプルダウンから「しない」を選択します。

最後に、インストールされているパッケージの最新化を行います。「アプリケーション」→「ユーティリティ」から「端末」をクリックします。

以下のコマンドを実行して、特権ユーザーにスイッチします。

$ su -

以下のコマンドを実行して、ダウンロード可能なリポジトリが存在するかどうかを確認しておきます。

# subscription-manager repos --list-enabled

最後に、以下のコマンドを実行して、パッケージを最新化します。

#yum -y update

以上で、Red Hat Enterprise Linux Server 7のインストール、および初期設定は完了です。

まとめ

Red Hatが開発者向けに無料サブスクリプションを提供し始めたことから、気軽にローカル環境で商用環境と同等の環境を構築することができるようになりました。まだ、Red Hat Enterprise Linuxに触ったことがないという方は、ぜひこの機会にお試しください。今回は、VMware Fusion 8へのインストールでしたが、その他、Oracleが提供する無償のVirtual Boxへインストールすることもできます。詳細は、RHEL – Get Startedを確認してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で