VMware Fusion 8にWindows 10をインストールする

仮想化を使用して Mac 上で Windows を実行: VMware Fusion の無償評価版 | VMware 日本で、VMware Fusion 8の無償評価版を手に入れたので、早速仮想マシンにWindows 10をインストールしてみました。

VMware Fusion 8にWindows 10をインストールする

VMware Fusion 8にWindows 10をインストールするためには、公式サイトからWindows 10のISOファイルをダウンロードしておきます。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

このページからは、Windows 10 のインストールや再インストールに使用できるディスク イメージ (ISO ファイル) をダウンロードできます。このディスク イメージを基に、USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使ってインストール メディアを作成することもできます。

インストールするWindows 10のエディションを選択します。「Windows 10」を選択し、「確認」をクリックします。

「日本語」を選択し、「確認」をクリックします。

PCの環境に応じて、32-bitまたは64-bitのISOファイルをダウンロードします。ここではMacBook Pro(Late 2013)にインストールする想定であるため、64-bit版を選択しました。

VMware Fusion 8にWindows 10を簡単インストール

VMware Fusionで+Nで新規仮想マシンを作成します。「ディスクまたはイメージ」を選択して、「続ける」をクリックします。

「別のディスクまたはディスクイメージを使用」をクリックし、ダウンロードしたISOファイルを選択します。Windows 10のISOファイルを選択した状態で、「続ける」をクリックします。

「Microsoft Windows 簡単インストール」画面が表示されますので、アカウント名、パスワード、プロダクトキーを入力し、Windowsのエディションを選択したら「続ける」をクリックします。

MacとWindowsを統合する方法は、Windows側がウイルスに感染した際の被害を最小限にするために、ここでは「さらに分離」(疎結合)を選択していますが、気にしない方は「さらにシームレス」(密結合)を選択しても良いでしょう。

「終了」をクリックします。

仮想マシンを保存するフォルダを選択する画面が出てくるため、任意のフォルダ、名称を付与して「保存」をクリックします。デフォルトでは、「~/Documents/仮想マシン/仮想マシン名.vmwarevm」となっています。

あとは放っておけば自然にWindowsのインストールが始まります。

最後に、よりVMware Fusionを快適に利用するために「VMware Tools」をインストールします。「VMware Tools」をインストールすることで、クリップボードの共有ができるようになります。

「VMware Tools」のインストールを行うためには、仮想マシンが起動している状態で、メニューの「仮想マシン」→「VMware Tools のインストール」を選択します。

「インストール」をクリックします。

右下に「タップして、このディスクに対して行う操作を選んでください。」が表示されるため、タップしたら「setup64.exe の実行」をクリックします。ここに表示される内容は、32-bit版、64-bit版で異なりますので注意してください。

「VMware Tools」のインストールウィザードが始まりました。「次へ」をクリックします。

「変更」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「変更」をクリックします。

「完了」をクリックします。以上で、「VMware Tools」のインストールは完了です。お疲れさまでした。

まとめ

VMware Fusionを利用することで、簡単に仮想マシンにWindows 10をインストールすることができました。VMware Fusionの初心者の方の参考になればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で