Windows 10 HomeからProfessionalにエディションを変更する方法

今回は、Windows 10 Professionalのインストールメディアなしで「Windows 10 Home」から「Windows 10 Professional」にアップグレードする方法をご紹介します。「Windows 10 Home」と「Windows 10 Professional」では使用できる機能に差異があります。機能の差異については、Windows 10 のエディションの比較 – マイクロソフトを参考にしてください。

本手順を実施することにより、OSのクリーンインストールを実施することなく、Windows 10 HomeからProfessionalへのエディションの変更を行うことができますが、HomeとProfessionalではライセンス種別が異なるため、エディションの変更後、Professionalのライセンスを有していない場合は、ライセンス認証できませんので注意してください。

あくまで、Windows 10 Professionalのライセンスを有しているが、プリインストールされているOSがWindows 10 Homeであり、Windows 10 Professionalにアップグレードしたい、という場合に有効な方法です。

Windows 10 HomeからWindows 10 Professionalにアップグレードする方法

まず、正規の「Windows 10 Home」がインストールされていることが条件です。「Windows 10 Home」が正しくインストールされていることを確認しましょう。「スタート」→「設定」を開き、「システム」をクリックします。

サイドメニューから「バージョン情報」を選択し、「プロダクトキーの変更またはWindowsのエディションをアップグレード」を選択します。

「ライセンス認証」に「Windowsはライセンス認証されています」と表示されていることを確認してください。これで、「Windows 10 Home」が正規品であることが証明されます。「エディション」に「Windows 10 Home」と表示されていることを確認したら、「プロダクトキーを変更する」をクリックします。

「プロダクトキーの入力」画面が表示されるため、プロダクトキーにVK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66Tを入力します。コピーできないので手入力してください。

「Windowsのエディションのアップグレード」画面が表示されるため、「アップグレードの開始」ボタンをクリックします。

アップグレードには少々時間を要しますので気長に待ちましょう。

「Windows 10 Home」から「Windows 10 Professional」にアップグレードされていることがわかります。

まとめ

以上で、Windows 10 HomeからWindows 10 Professionalへのアップグレードは完了です。アップグレード完了後、Windows 10 Professionalのライセンスを使用して再度認証を行ってください。

Via:Windows 10 Gets ‘Free’ Upgrade Rule Change – Forbes

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で