Windows 10でコントロールパネルや設定から削除できない「Xbox」アプリを削除する

Windows Windows 10 PowerShell

Windows 10にインストールされたアプリの管理は「設定」アプリから行います。不要なアプリは削除して、ストレージの空きを増やしたり、電力消費量を減らしてバッテリーの減りを抑えることができます。しかし、いくら「設定」アプリやコントロールパネルを開いても、削除できないアプリがあります。それが「Xbox」アプリです。

筆者は、Windows 10を仕事や検証用に使用しているため、ゲームは使用しません。そのため、「Xbox」アプリも不要なので(害もないですが)削除したかったんです。ところが、「設定」アプリから「アプリと機能」を開くと…。

何故かグレーアウトされていてアンインストールできません。コントロールパネルには表示すらされません。Windows 10の標準アプリはコントロールパネルには表示されません。インストールされていて困るわけではないのですが、なんだか気持ち悪かったのでPowerShellを使用して強制的にアンインストールしてみました。なお、再度インストールしたい場合は、Microsoft Storeから入手可能なので安心してください。

Windows 10から削除できない「Xbox」アプリを削除する

スタートボタン(Windowsアイコン)を右クリックして、「Windows PowerShell (管理者)」を選択します。アプリケーションの削除には管理者権限が必要です。PowerShellが起動したら、以下のコマンドを実行してみてください。Get-AppxPackageはアプリの情報を取得するためのコマンドレットです。パラメータを省略すると、Windows 10にインストールされているすべてのアプリが表示されます。

Get-AppxPackage *XboxApp*

今回は、アプリケーションの「Name」に「XboxApp」を含むものをフィルターして表示します。

Name              : Microsoft.XboxApp
Publisher         : CN=Microsoft Corporation, O=Microsoft Corporation, L=Redmond, S=Washington, C=US
Architecture      : X64
ResourceId        :
Version           : 44.44.7002.0
PackageFullName   : Microsoft.XboxApp_44.44.7002.0_x64__8wekyb3d8bbwe
InstallLocation   : C:\Program Files\WindowsApps\Microsoft.XboxApp_44.44.7002.0_x64__8wekyb3d8bbwe
IsFramework       : False
PackageFamilyName : Microsoft.XboxApp_8wekyb3d8bbwe
PublisherId       : 8wekyb3d8bbwe
IsResourcePackage : False
IsBundle          : False
IsDevelopmentMode : False
NonRemovable      : False
Dependencies      : {Microsoft.VCLibs.140.00_14.0.27323.0_x64__8wekyb3d8bbwe, Microsoft.NET.Native.Runtime.1.6_1.6.2490
                    3.0_x64__8wekyb3d8bbwe, Microsoft.NET.Native.Framework.1.6_1.6.24903.0_x64__8wekyb3d8bbwe, Microsof
                    t.XboxApp_44.44.7002.0_neutral_split.language-ja_8wekyb3d8bbwe...}
IsPartiallyStaged : False
SignatureKind     : Store
Status            : Ok

こちらが、削除できない「Xbox」アプリの正体です。アプリを削除するためには、Remove-AppxPackageコマンドレットを使用します。Get-AppxPackageコマンドレットで取得したアプリを削除するためには、標準出力をパイプすると便利です。

Get-AppxPackage *XboxApp* | Remove-AppxPackage

コマンドが正常終了したら、再び「アプリと機能」を見てみます。

無事、削除されました!このようにRemove-AppxPackageを使用することで、「設定」アプリから削除できないアプリを、強制的にアンインストールできますのでお試しください。なお、誤って重要なアプリをアンインストールしてしまわないようにご注意ください。

「Xbox」アプリを再インストールする

「Xbox」アプリは、Microsoft Storeから再インストール可能です。Windows 10標準のアプリケーションは、すべてMicrosoft Storeを通じて配布されているため、必要に応じて再インストールできます。なお、Microsoft Storeからインストールしても、「設定」アプリでは再び「アンインストール」の文字がグレーアウトされます…。

comments powered by Disqus