macOS YosemiteとEl Captain(β版)のデュアルブート環境を構築する

Mac Development
この記事は公開されてから1年以上が経過しています。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

いきなり実環境にβ版をインストールすると、これまで使用できていたアプリケーションが使用できなくなるなど、不具合等が発生する可能性がありますので、まずは独立した環境にインストールして様子を見てみることをオススメします。今回は、macOS YosemiteとmacOS El Captainのデュアルブート環境を構築する方法をご紹介します。

ディスクユーティリティでパーティションを作成する

「アプリケーション」→「ユーティリティー」フォルダーの、ディスクユーティリティを起動します。macOSがインストールされているディスクを選択し、パーティションタブを開きます。「+」ボタンをクリックして、現在macOS Yosemiteがインストールされている領域以外の領域を追加します。

警告ダイアログが表示されますが、「パーティション」ボタンをクリックしてください。

macOS El Captainをインストールする

App Storeから、macOS El Captainをダウンロードしたら、アプリケーションフォルダーの同アプリを起動してください。

「続ける」をクリックします。

「同意する」をクリックします。

「同意する」をクリックします。

「すべてのディスクを表示...」をクリックします。ここで誤って、既存のmacOS Yosemiteがインストールされている領域を選択しないようにしましょう。すべての環境が上書きされてしまいます。

先ほど作成した領域が表示されますので、そちらを選択して「インストール」ボタンをクリックします。あとはインストールウィザードの内容にしたがってインストールを進めてください。

comments powered by Disqus