macOS Yosemite 10.10.3でFinderの動作が異常に遅くなる問題の対処法

Mac Tips
この記事は公開されてから1年以上が経過しています。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

macOS Yosemiteを10.10.3にバージョンアップしてから、Finderの操作が異常に遅くなる問題が報告されています。もし、そのような状況に陥ってしまった場合には、以下の方法を試してみてください。

clouddデーモンを再起動する

GUIから操作を行う方法

Finderを開いて、⇧+⌘+Gを押して、~/Library/Caches/CloudKit/に移動します。名前でソートして、以下のファイルを削除してください。システムファイルの削除になるため、操作には十分注意してください。

  • CloudKitMetadata
  • CloudKitMetadata-shm
  • CloudKitMetadata-wal

次に、「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダーのアクティビティモニター」を起動します。プロセス名でソートして、clouddのプロセスを強制終了します。左上のアイコンをクリックして強制終了してください。以上で操作は完了です。

ターミナルから実行する方法

ターミナル(CUI)の操作に慣れている場合は、以下の方法が簡単です。ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行してください。

$ rm ~/Library/Caches/CloudKit/CloudKitMetadata*;killall cloudd

参考リンク

http://osxdaily.com/2015/04/17/fix-slow-folder-populating-cloudkit-macosx/

comments powered by Disqus